FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

人間の身勝手と作り上げられたスターの話、かもしれない

2020.01.09 (Thu)

何だか不思議な小説を読んでしまった…。


多和田葉子『雪の練習生』

202001090131171e8.jpg


そもそもの設定がシロクマ3代の物語、
1話目のおばあちゃんクマは、鉛筆なめなめ、
自分で自伝の原稿を書き、
昔の知り合いであるオットセイが
編集長を務める雑誌に持ち込むのである。

そんな荒唐無稽さも、
舞台がソ連時代のモスクワだけに、
単にファンタジー小説と括ってしまうより
「おとぎの国(パルナスのCMよりw)だし、
ボリショイサーカスの国だし、
そんなこともあるかもねー」くらいに
受け止めて読み進めてしまう。

何と言っても3話目の孫、
クヌートが実在したシロクマであることが、
ファンタジー感を薄めている。


「育児放棄され人間に育てられたシロクマ」
として話題になった頃は、
ニュースで見るたび「クヌート可愛い〜😍」と
騒いだもんである。

2話目の主人公は本当のクヌートのお母さん、
トスカ。

旧東独のサーカスにいて、
ベルリンの壁崩壊を経て、
サーカスの解散で離れ離れになった
盟友の女性調教師(この人も実在した)の伝記を、
トスカが書いている形。

最後にトスカなりの、育児放棄ではなく敢えて、
他の動物(人間)に息子クヌートを託した理由が
述べられる。


普段はパンダマニアなのでパンダばかり見てて、
パンダなりに色々考えてるんだろうなぁ、と
思う。

シロクマもシロクマなりに、
色々考えてるかもしれない。

特にクヌートは
メディアに「可哀想な子供」として
持ち上げられ、
何故か地球温暖化のプロパガンダの
シンボルにまでされる。

5歳の若さで亡くなったクヌート。

人間の思惑に振り回された
生涯だったんじゃないか、と悲しくなる。


先日放送された
NHKの『ファミリーヒストリー』は、
初の人間以外のゲストとして、
白浜アドベンチャーワールドの末っ子パンダ、
彩浜が取り上げられた。

パンダを保護、繁殖させたいというのも、
人間の勝手な思惑かもしれないけど、
関わった人々の思いや、
先祖の生命力、
母パンダ良浜の母性などに
胸が熱くなる番組だった。


この小説も、非現実的なフィクションだけど、
クヌートの『ファミリーヒストリー』として
見ると、動物好きには堪らない一冊かも。

そしてきっと、クヌートが不幸な生い立ちの末
夭逝した悲劇の主人公ではなく、
したたかで強い意志を持った一族の子孫として、
逞しい存在に見えてくるように思う。


☆この文章はFacebookに書いてみて、
ちょっと気に入ったので、転記しました。

これを書くために、
クヌートのこと、トスカのこと、
クヌートを育てた飼育員さんのことなど
色々調べてみました。

作者の多和田葉子さんは、クヌートが亡くなる
少し前まで、ベルリン動物園に取材に
通われていたようです。

映画まで作られ、ブームになった
小さい頃とは違い、ごく僅かな観客。
 
その様子に多和田さんが何を見て何を思い、
この物語を書かれたのかなー、と思いました。
スポンサーサイト



テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

01:34  |  読書日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

究極の目標

2019.07.18 (Thu)

私には目標があります。

色んな人が集まる場を作ること。

色んな人ってどんな人?

想定しているのは
鍵っ子🔑
定年後の濡れ落葉おじさん🧓
子供も成人して退屈してる専業主婦のおばさん👵
引きこもりニートのお兄さん🧑
自ら負け犬を名乗る独身子無しのお姉さん👩

…敢えてヒドい書き方をしてみました。

でも、
おじさんは元駐在員で外国語ができるかもしれない。
おばさんは料理が得意かもしれない。
お兄さんはゲームばっかしてるようで、
実はプログラミングができるくらいコンピュータに強いかもしれない。
お姉さんは実はヘアメイクさんで、お祭りのときには
浴衣着せて、髪も可愛くしてくれるかもしれない。
(あ、子無しのヘアメイクは私だったw)

そんな皆で、鍵っ子の子育てに参加するの。

会社を出たら、家庭以外では、とか、色んな条件がなければ
自分にできることなんかない、と思っている人も
多分、世の中にはいっぱいいると思います。

でも、自分にとって何でもないことが、
実は誰かの役に立つかもしれない。

お父さんがいない子のキャッチボールの相手を
おじさんがしたっていいじゃん。
忙しいお母さんの代わりにおばさんが
体操服入れ縫ってくれてもいいじゃん。

核家族で、シングル親で、ワンオペ育児なんて、非効率的。

寿命も延びたのに、元気な高齢者が隠居してるのももったいない。

自分の子供がいないなら、よその子育てたっていいじゃん。

…みたいなことで、ちょっと社会が良くならないかなー、と。

昔から「いつかやりたい、作りたい」と思っている
そんな場所作り。

人生長い、とタカを括っていたら、
明日、不慮の事故で死ぬかもしれない。

今すぐできなくても、意思表明だけはしておきたくて、
勢いだけで書いてみました。


テーマ : 自分にできる事から - ジャンル : 心と身体

15:45  |  しあわせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ただいま美人研究中

2018.11.03 (Sat)

しばらくブログが放置になってしまってました💦

その間、何をしてたかと言うと、SNSの使い方を
色々試しておりました。

特に、作品写真に限定しているInstagram。

ヘアメイクの作品撮りは、
モデルさん、カメラマンさんとのスケジュール調整、
場所決めや場合によってはスタジオ予約など
やりたい!じゃあ、やろう!とはいきません。

なので、自分が撮った写真とか、ヘッドアクセとか、
“作品”と呼べれば何でもアリ!にしました。

ヘアメイク作品と並ぶものにしたいのが絵。

学生時代から趣味で時々描いてた鉛筆画を
アップしています。

そして、遂に(と言うほどでもないけど)
ハッシュタグ“美人研究”をつけ始めました。

Instagramの写真はサイズが大きくて
ここにそのまま載らないので、コラージュにしてみた『美人研究シリーズ』。


20181103115037977.jpg


上から
モニカ・ベルッチ
オードリー・ヘップバーン
山口小夜子
でございます。

うーん、まだまだ修行が足りん…

でも、自分が「綺麗」と思うポートレートを
写していると、
ほんとに「綺麗」を作るには1㎜の差だな、
と思います。

他にも綺麗を作る要素
やわらかさ
気品
目線
表情
など、色んなことが学べます。

これからもたくさん描いていこうと思うので、
よかったら見てやってください。

https://www.instagram.com/yamanaka.mayumi/
12:10  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

恐るべし副鼻腔炎

2018.07.26 (Thu)

突然ですが、私、副鼻腔炎になってしまいました。

副鼻腔炎とは何ぞや?と思われるかもしれません。
いわゆる“蓄膿症”というやつです。

蓄膿症と言えば、読んで字のごとく
“膿が蓄えられる症状”であり、
膿のような鼻水が出る、とか、
変な臭い(膿の臭い?)がするとか聞いていたので、
診断を聞いて「マジで❓」って感じでした。
(そういうのは全くなく、いかにもアレルギーの
透明の鼻水と鼻の痛みくらい)

じゃあ、どんな症状が出て耳鼻科に行ったか。

今日、お伝えしたいのはそこだけと言って
過言ではありません。

まずは歯痛。
そして頭痛、というか眼精疲労みたいな目の奥の痛み。
最後には目の下、下瞼じゃなくクマのところの腫れ。

鼻炎は元々あって、
特にこの猛暑で冷房の効いたところと
そうでないところの温度差で鼻水が止まらない!!
っていうのが続いてて。
(寒暖差アレルギーというやつです)

特に駅まで歩いて、電車に乗ったときとか
人目があって鼻がかめないとすするしかないですよね。

汚い話でスミマセン💦

多分、そのすすったものが、鼻孔の奥、
頬の下などに広がる副鼻腔に貯まって、
炎症が起きたのではないかと推測しています。

副鼻腔は頬のところ、目頭の奥、額などに
広がっているため、炎症が起きると
目の奥や、上の歯茎などが圧迫されて痛くなるようです。

私の行った耳鼻科は、腕には定評があるらしいのですが
さくさく処置をされるため、
突然スプレーの薬シュッ!とか、
レントゲン待ちの間に薬の付いた脱脂綿を
鼻に詰められるとか
びっくりすることもありましたが😅、
とりあえず翌日、数週間悩まされた頭痛が
随分軽くなっていました。

私のように、わかりやすい症状がなくても
レントゲンで診断できるので、
謎の歯痛、謎の頭痛、謎の顔の腫れなど
顔中に広がる原因不明な症状があれば
一度、耳鼻科に行かれるのをオススメいたします。

あと、蓄膿の先輩である知人曰く
これあるといいみたいです。

ハナノア メーカーHP

20180726214601d47.jpg

テーマ : 病気・症状 - ジャンル : 心と身体

21:54  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

無理をしない生活

2018.07.11 (Wed)

6月18日、大阪で地震がありました。

マグニチュードのわりに「大阪が大変!」という
イメージになったのは、ちょうど通勤の時間帯で、
交通マヒのニュースが広がったせいだと思います。

また、地震発生時、既に会社に着いていた方々が
帰宅する際に電車が軒並みストップしたままで
帰宅困難者が多数、発生したことも関係するでしょう。

ネット上では
「こんなときまで出勤するとか、マジ社畜」
みたいな意見も多く見かけました。
電車が動かないなら車で、と考えた方には
「緊急車両の邪魔になる!」と厳しい指摘。

(とは言え、会社の状態だって気になるし、
お客様が待っているかもしれないし、
その日、働いていた(働こうとした)人たちを
一概に責めることはできないはず。
少なくとも、その人の仕事のことを知らない人は)

そして、更に西日本を襲った水害。

両親のルーツも福岡や岡山、
大阪で生まれ育った私のご縁のある人たちは
圧倒的に西日本に多いのです。

今回も親類や友人の心配で
心休まる暇はありませんでした。

3.11は“TVでは日本中大変、みたいに見えるけど
やっぱり遠くの出来事”だったのに対し、
地震は震源から10㎞ほどしか離れておらず、
雨の降り始めは隣の市で河川氾濫の恐れがあったので
エリアメールが鳴り続けていて、
「あ、今度はこっちが“被災者”なんだ」と思いました。

幸い、家族、親族、友人やその家族の誰も、
怪我もなく“被災”というほどではありませんでした。

ただ、土、日の仕事がお客様の安全を考えて
キャンセルになったりして、
色々と考える時間がありました。

そして、強く思ったこと。
『今までのやり方じゃ、ダメだ』

今、一部で言われているのが、避難所。
プライバシーも守れない、犯罪も起きかねないような
体育館というのは、国際基準を満たしていないらしい。

過酷な避難環境も自己責任と根性で堪え忍ぶ、なんて
今の時代にはそぐわないのに。

昭和生まれにしてみれば“甘っちょろい”ことも
多々ある今の世の中だけど、
時代とともに変わっていくものは仕方ない。

そして、人の考えを大きく変えるきっかけになるのは
大きな災害。

それこそ3.11以前なら、地震が収まってすぐに
出社するのは普通のこと、
責められたり蔑まれたりはしなかったのでは?

冒頭の大阪地震での交通マヒ。
そもそも皆が同じ時間に同じ場所を目指すから
混乱が大きくなると思うのです。

リモートワークを取り入れるとか、
出勤不要の社外フリーランスを活用するとか、
今までより発達した通信技術等で、
実現しやすくなってきたのではないでしょうか。

サッカーW杯の解説で
「体格の違うヨーロッパを真似るんじゃなくて
日本人に合った日本のサッカーをすればいい」と
言った方がいました。

どうしたって天災の多い風土に合った働き方、
時代にそぐわなくなった古い考えに固執しない、など
無理のない生き方がこれから、大事になる気がします。

…まだまだ詳しく述べたいこととかもあるけど、
長くなるばかりなので、今日はここまで!



テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

10:45  |  しあわせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT