FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

天才じゃなかった。

2018.02.03 (Sat)

いい年して何ですが、自分が天才でないことが
年々…いや、日々身に沁みています。

多分、周りに“マジすげぇ”人たちが
増えてきたせいです。

子供の頃は勉強できたし、
絵や文章書いたら評価されたし、
自分が“何かを持ってる”と思えてました。
運動神経が悪いことも、音痴なことも、
他の才能と引き換えなんだと。

中1でいじめ的なことがあり、
「ひとかどの人間になって、
あいつら絶対見返してやる」と思い続けた10代の頃、
得意の絵や文章を投稿、応募してみたけれど、
思うような結果が出せず…というより、
箸にも棒にもかからず。

「おや?」と思うものの、
「もしかして、違う方向に才能があるのでは?」と
思える若さ(バカさ?)がありました。

20代半ばでメイクに出会い、
1度は諦めたものの30過ぎてご縁があり、
改めてメイクに取り組むことになりました。
その“運命的な感じ”がまた、自分の才能についての
誤解を生み、海外研修のフランスで
やたら褒められたことで、調子に乗りました。

それから10年強。
喜んで頂いたり、“魔法使い”などと呼んで頂いたり。
メイクに関しては、それなりにできるようです。
(プロなので、当たり前)

でも、違うんです。
自分自身が追い求めているのは、“天才”と呼べる、
圧倒的な才能であり、成果であり、存在感なのです。

そうなると、本当に天賦の才がない限り、
自分の人生に納得できるわけもなく、
常に不足感、欠落感、渇望を抱えることになります。

そして、例えばお世話になっている事務所の先生
(ブライダルヘアメイクの業界では“ひとかどの”方)の
作品などを見たときに、
やっと自分の才能の限界を知り、
突っ伏して床をドンドン叩きたい気分に
なったりするのです。
(さすがに気分だけで、ほんとにはやらない)

で、なんでこのテーマを日記帳じゃなくて、
ブログに書いたんだっけな?

結局、天才なんてほんの一握り、
多くのそうじゃない人も、
生きていくしかないわけで。

きっと、天才には天才の苦悩もあるはずで。

才能溢れる人たちと自分を比べてしまい、
劣等感に苛まれたとしても、折り合いをつけながら、
自分のできることを粛々とこなしていけることも、
圧倒的でなくても、特別じゃなくても、
ひとつの立派な才能なわけで。

凡才である自覚の下、最大限努力するのもひとつ。
ひたすらに上を目指すだけではない生き方もひとつ。
もしかしたら、どこかに眠っている天賦の才を、
諦めずに探し続けるのも、ひとつ。
天才であるがゆえの苦しみと闘いつつも、
その才能を遺憾なく発揮するのもひとつ。

どんな生き方を選ぶも、個人の自由なわけですが。

私の目標は、誰もがその持って生まれた才能
(取るに足らないものでも、特別じゃなくても)を
無駄にしない世の中になるために、
少しでも尽力すること。

究極の理想はビル・ゲイツ並みの財力を持ち、
才能はあるのに、家が貧しいなどの理由で
専門教育を受けられない子供のための、
教育基金とか返済なしの奨学金の財団を作ること!

ビル・ゲイツ並みの、世界に必要なものを作り出す
ような、財を為すための才能がないことが残念ですw
スポンサーサイト
18:34  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Let's begin!とにかく何かを始めよう

2017.11.29 (Wed)

何を急に言い出すのか、ってタイトルですが…。

実は前々からやってみたかったことを、最近、実行してみたのですよ。
まあ、その感想ですね。

私と同じく、迷って、色々考えて、なかなか踏み出せずに悶々として、
最終的に、うわーっ!って爆発しちゃう方の参考になれば(笑)。

まず、1つ目はTOEICを受けること。
一応、英米語学科という学科卒なんですが、資格を全く持ってない(°Д°)

学生時代に「2級くらい余裕でしょー」と言って
余裕で落ちた英検以来、受験もしてない。

今、ホテルでブライダルの仕事をしてると、
海外からのお客さまも当然のようにいらっしゃり、
朝食会場とか、道を訊かれてもちゃんとご案内ができない。

こりゃヤバい、英米語学科卒なのに、と勉強を始め、
何か目標がある方がいい、じゃ、まずは今の英語力を知るためにTOEIC。

でも、月1回の試験は日曜日で、しかもブライダルの閑散期は休み(;_;)
偶然、11月の試験日に挙式予定がない!と気づいた瞬間、
Webで速攻、申し込みました。

いつものように迷ったり考えてる暇はなかった!

で、受けてみて、まー多分酷いスコアなんだけど(笑)、
テスト会場でふと、「あ、私、今、TOEIC受けてる」って思ったんです。

学生時代から「いつかは…」と思ってたこと、実現してるなー、って。

だから何が変わるという訳じゃないけど、
今まで想像だったものが経験に変わる、その積み重ねが人生だなって。
なんかそんな、急に腑に落ちることってないですか?
こんな感じで会場案内がされてるとかも、知らなかったわけですから。
201711291757535f8.jpg 

で、もう1つはヘアメイクさんとお客さま(個人、企業)を繋ぐ
マッチングサイトをつくること。

ほんとに繁忙期のヘアメイクさん不足は深刻なんですよ(;つД`)
でも、何かの理由で手は空いてるけど仕事がない人もいるかも。

ま、それ以外にもサイトを立ち上げるに当たって
アツい想いが色々あるんですが、それはまぁ、置いといて。

WebやITの専門家でもないし、
かといって専門家にサイト作成を依頼する元手はない。

なら、どうにか自分で作れないか、調べてみたところ。
あるツールを使って、ある業界のマッチングサイトを3日で作った方を発見!

その方のブログに「まずは完璧でなくていいから公開して、
運営しながら手直ししていけば良い」とあって、目からウロコ(@_@;)

そう、結局悩んで迷って踏み出せないのって、
失敗が怖い、とか、完璧なものを出さなくちゃ、と思うからで。

最初から完璧じゃない状態での公開を前提にすると、
途中でやめない限り、失敗ってないはずなのです。

今、何かを始めようか迷って、わーっ\(>_<)/てなってる方。
とにかく始めてみませんか?
完璧じゃなくていいし、手直しすればいいし。
想像が経験になった時、同時に自信になるんだと思いました。

Let's begin、とにかく何かを始めよう!
(これ、子供の頃『りぼん』読んでたら『お父さんは心配症』に
そんなセリフがあったんだよねー←もちろんギャグの一環(≧▽≦))



あ、作ったサイトはこちらです。 Free's net for Hairmake
17:16  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Gifted?まずこの呼称を、なんとかしてくれ

2015.02.02 (Mon)

丸1ヶ月以上、更新なしでした。

成人式など、大きな仕事で
題材はあったはずなんですが。

お休み状態の間に
いろんなことがありました。

いいことも、自己嫌悪に陥ることも。

色々、考えることになりました。

そして、自分自身について
ひとつの仮説に至りました。

ギフテッド。
詳細はこちら

日本では「天才児」などと訳され
飛び級ができるだとか
幼くして大学に入れるだとか

そういう解釈が中心になっているので

迂闊に名乗ろうものなら
「勘違い?イタイひと?」や
「自慢?(-_-#)」と言われそう。

そうじゃなくて
学習障害、発達障害に近くて

理解がなくて苦しんでいる方も
多い様子。

細かい定義などは上記リンクの
Wikipediaを参照して頂くとして。

私が自分のことを「ギフテッド?」と
疑う根拠を、一部挙げると。

☆4歳から新聞読んでる
☆宿題はしない主義だったが、さほど学業には困っていない
☆受験勉強もしていないが、高校入試の試験の評点は10
(内申は6。宿題してないから)

…と書くと、やっぱり自慢っぽい?

でも、「やらなくてもできる」と。

妬まれてる感、浮いてる感、
結構、感じてました。
特に小学校低学年くらい。

なので、勉強できることを隠したり
「普通」を演じようとしたり

子供なりに工夫するのに
かなりのストレスでした。

宿題しない主義、もそれに
関連してるかも。
(やらなくてもできる、と
ナメてただけかもしれないけど)

その他、
「勉強できても社会人として
大事なものが欠けてます」と
自分から言ってみたり。

なんだったら、行動で証明したり。

(これやってると、自己暗示で
どんどんダメ人間になっていくし
自信のない人間になる)

…こんなこと言ってたら
自分の欠けてるところを
言い訳してるだけだと
思われますよね。

もしかしたら、ただの性格の欠陥かも。
学習障害とか、もっと悪くすれば
人格障害かも。

ずっと、悩んできました。

ギフテッドについては
日本では判定が難しいようです。

IQなどの基準はありますが、
私はそこそこ高い、程度で
天才的というほどではないです。

なので、本当にただの言い訳かも
しれないし

ちょっとばかり褒められたのを
いい気になって、
性格が歪んでるだけかもしれません。

周囲の方からすれば
診断名が付こうが付くまいが
(そもそもギフテッドが障害なのか
そうでないのかの定義も曖昧)

迷惑かからないように
してくれればよいでしょうし。

私自身も、なんであれ
自分の特性を理解して

問題に繋がるようなら
前もって対処するしかありません。

じゃ、なんでこれ、
書いてるんでしょう?

頭の整理、がまず、ひとつ。

あと、やっぱり誤解があるせいか
自分がそうかも、と思っても
カミングアウトできない方や

自分の特性をどう理解すべきか
悩んでいる方の参考になれば、とか。

それぞれの良さを引き出し
活かしていく、がミッションですし。

何らかの形で
誰かの役に立てば、幸いです。

☆★追記★☆
その他のギフテッドを疑う理由

☆知識欲が旺盛すぎて、調べものをし始めると止まらない
☆好奇心が旺盛すぎて、子供の頃からよく(大人になっても)、迷子になる
☆多くの人は気にならない「正しい」に囚われて、他人のマナーにイライラする
☆頭の中の連想ゲームが激しすぎて、理論が飛躍する
☆ぼーっとしてるように見えても、仕事のこと、ブログの推敲など、脳みそは常にフル回転!寝ててもほぼ、夢を見ているので、脳は休まらない
☆完璧主義。失敗しそうなことは、端からやらない、または、失敗すると異常に凹んだりパニックになる

等々があります。
~し過ぎ、はギフテッドを表す
キーワードのひとつのようです。

あと、子供の頃は同年代より
大人と話すほうが楽しかった、とか

学校の授業は進みが遅すぎて
退屈だから、教科書の先の方を
読んでいた、とかもありがち。

こんな仲間の方、
いらっしゃいませんか~?








15:31  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食パンと、ベビーカーと、Imagine

2014.12.24 (Wed)

昨日ひしゃげた食パン、
朝には戻ってた。



昨日、イオンのセルフレジの列で、
私は怒っていました。

「火曜の市&祝日の、鬼のように
レジが混む日に、家族全員で並んで、
子供にバーコードピッピッ、
させてんじゃねーよ(-_-#)」

そもそも、朝、眼鏡が
壊れているのに気づいて

晩ごはんの買い物前に
眼鏡屋さんに行ったら

思ったより時間がかかり、
一刻も早く
帰りたかったのです。

私より後ろに並んでいる人にも、
それぞれ事情もあるかもしれないし

早くできそうな私だけでも
早く済まそうと、マイバッグに
バンバン詰め込んでたら

食パンの上に何かが乗っかって
しまっておりました(T_T)

ところで

こないだから「電車でベビーカーを
畳むべきか論争」が気になってます。

私の仕事道具のキャリーカートも、
同じように迷惑に思われてる
かもしれないから。

子育てしたことないので、
よくわからないけど…

今のベビーカーは、昔のみたいに、
簡単に畳めないのかも。

お母さんがレジで会計してる間、
お父さんに任せたら、泣き叫んで
大変なのかも。

こちらとしては、想像するしか
ありません。

で、できるだけ文句は
言うまい、と思うのですが、
やっぱりお子さん連れの方も、
不可抗力とは言え

「周りの迷惑かも」

「少しでも迷惑じゃない
ようにしよう」

という気持ちが感じられれば、
論争になる余地はないはず。

それでも文句言うのは、
ただのイチャモン。←黙殺して良し。

要するに、お互いの事情は
完全にはわからないけど、
(わからないからこそ)
お互いに想像してみること。

そこで手助けすることも、
スルーすることもあるでしょう。

迷惑受ける側になることも、
かける側になることもあるんだから、

お互い、譲り合い、思い遣り合う、
ってだけのこと。

「ベビーカーでも荷物でも、
占領する面積分の料金取れば?」
なんて、みみっちいこと言わずにね。

更には、気が利かない、
空気読めない、って感じる人にも、

事情やら他に良いとこがあるかも、
って想像する。

そしたら、もめごとも少なく、
平和になるのでは?

あわわ、テーマがどんどん
大きくなるよ

できましたら、ヘアメイクさんの
仕事道具が推定20㎏であること

場合によっては起床時間が
とても早いもしくは寝てないことを
ご想像頂き、座席を譲って頂けると
非常に嬉しいです(笑)

まあ、好き好んでこの仕事してる上に
世間的には少数派なので、
本気で望みはしないですが(  ̄▽ ̄)

何しろ私は、昨日のレジでは
イライラしたけど

(人間、イライラすることもある。
それは仕方ないので、受け入れる)

食パンがひしゃげたままじゃ
なかったので、まあいいか、で
終わらることにします。

いつまでも怒ってても、
レジにいた家族の誰も、
痛くも痒くもないし、
自分が嫌な気持ちになるだけ。

だったら、怒り損だからねー。

折しも今日はクリスマスイブ

ジョン・レノン&オノ・ヨーコのように
平和を祈るのも、悪くないかも。

お休みなので、素っぴんメガネ、
前髪はセンター分けなので

ビジュアルはそれっぽい私です(笑)
12:46  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

雨の日は、ナマケモノ

2014.12.16 (Tue)

気温と気圧の低さに負けて、
こんな感じ↓になってます。


(海遊館にいたナマケモノ)

真面目に家事をする日に
するつもりだったのに…

やる気が出ないので
ネットのニュース見てたら、

Facebookの友達の友達、とか、
フォローしてる方の友達、とか、
友達がフォローしてる、とか、

とにかく直接繋がりはないけど、
記事やブログをよく見る方々を

ディスってる?って記事ばかり
書いてるライターさんを発見して、
モヤモヤしてます

私も「ぜひお会いしたいから、
先に友達申請しよう!」とか
「フォローしよう!」とは
思わないので、

その方々の考えに100%
(もしくは近く)同意は
できないのですが…

自分が理解できないものを
バカにしたような文体が、
ものすごく不快でした

一つ例を上げれば
「信仰(←これも茶化した表現)も
いいけど、科学の知識は持ってね(笑)」
みたいな。

あなたは科学が正しいと、
何を根拠に信じてるの?

私は科学が正しいか、
それに反する考えが正しいかは
わかりません。

(科学だけじゃないけど)

そんなの、神さましか
わからないと思う。

薬と信じられていたワクチンが
実は毒だった、とかよくあることだし。

神さまじゃない私は、
どっちの意見も

「そういう考えもあるよねー」
という立場で居たいです。

例えば、無農薬野菜が手に入るときは
そっちを選ぶけど、

どうしてもジャンクフードが
食べたいときは、無理に我慢せずに
食べちゃう、みたいな。

ファンにふざけて頭をはたかれた
スリムクラブの内間さんが
「怒らないの?!」と言われて
「叩かれたなー、て思った。」て
答えるみたいな。
↑これはまた、別の話か?

無理なく、
無駄に怒ったり
傷ついたり悩んだりせずに、
生きてたい気分です。

ナマケモノとか、
スローロリスくらいのペースで、
生きてたい…

まー、現代ニッポンで、
そんなわけにもいかないので、
もう少ししたら、
夕飯の買い物にでも行ってこよう

雨が止んだのか、
窓の外で、小鳥が鳴いてるよ

15:56  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。