FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いただいてるのは命です

2012.08.14 (Tue)

先日、姉と話していたのですが
「食べ残しを平気でする人について」

このテーマは同じ親に育てられた兄弟が
一番共感し合えると思います!

うち(特に母)は食べ物を粗末にすることに関して
ものすごぅく、厳しく躾ました
(いや本当に、涙の記憶なくらい)

なので、私たち姉妹は、外食をしていて
残して平気な人を見ると「???」となるわけです。

子供の頃にしっかり刷り込まれているので、
頭ではそれぞれ事情があるのはわかるけど、
腑に落ちないというか。

以前誰か(うちの親くらいかそれ以上の、
戦後の食糧難を知っている世代の方)に

「食べ物がなかった時代を知っているから
 テーブルに食べ物がないのが辛い」というようなことを

言われたような気がします。

そういうお家で育ったら、食べきれなくても
テーブルに並べるのが常識になるかも。

うちの親は「せっかく昔はなかった食べ物があるのに
粗末にするのは心苦しい」と感じたのでしょう。

ドリフの番組を見ちゃダメな理由も
オレンジや卵を投げたり、食べ物を粗末にするからでした。

そんな環境で育ったので、外食すれば
付け合せのお野菜はまず、全部頂きます

(たまにキャベツとかレタスは飾りと思っているのか
ほとんど食べない方、いらっしゃいますよね)

ソースもパンがあれば、拭って頂きます。
お皿ペロペロはしません、美しくないので

だってね、元々は全部、生きているものなんですよ。

牛も豚も鶏も
魚も貝も
植物も育てればわかりますよね。

日々成長する、愛しい命。

ガーデニングとか、植物育てるのが絶望的に下手な私には
食卓に上るまで植物が育つことがもう、奇跡です。

その命を頂いているんです。

大阪のおばちゃんとか、残った食べ物を冗談半分で
「供養」と言って食べることがありますが、正解だと思います。

食べるために頂いた命は、食べてこそ供養です。

そのままゴミ箱行きなんて、
殺されたほうは浮かばれないです。

そして、その命を頂いて維持した自分の命を
粗末にすることもまた、頂いてきた命への冒涜です。

許されません。

自殺を企図する人は真面目な人が多いから
この理屈で止められないですかね?

ずっと、我慢をする必要はないけど、
自殺以外の問題解決を探るのも、
ここまで生きてきた人間の義務です。

…テーマが逸れるので、これはまたの機会に。

食べ残しを予防する対策はできますよね。

コンディションとの兼ね合いを含めた、
自分の適量を把握すること。

広く言えば、自分の体や自分と普段から対話しておくこと。

周りのテーブルやサンプルを見れば、
初めてのお店でもどのくらいの量が出てくるかわかるはず。

周りのテーブル見るのは失礼と思うなら
店員さんに確認することもできますよね。

想像力、コミュニケーション能力、使いましょう。

たかが外食にいろんなこと考えないといけなくて
大変じゃんと思われるかもしれませんが。

捧げてくれた命、育ててくれた方、運んでくれた方
調理してくれた方への自然な感謝として
「いただきます」「ごちそうさま」が言える

ありがたく無駄にすることなく頂くのが

「美人の食事」ではないかと、当研究所は考えます( ̄∧ ̄)ゝ

大量に頼んでガツガツ食べるのは、ただの食い意地ですけど




スポンサーサイト

テーマ : ありがとう - ジャンル : 心と身体

18:49  |  しあわせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bijinkenkyu.blog40.fc2.com/tb.php/145-8a1559ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。