FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

無理をしない生活

2018.07.11 (Wed)

6月18日、大阪で地震がありました。

マグニチュードのわりに「大阪が大変!」という
イメージになったのは、ちょうど通勤の時間帯で、
交通マヒのニュースが広がったせいだと思います。

また、地震発生時、既に会社に着いていた方々が
帰宅する際に電車が軒並みストップしたままで
帰宅困難者が多数、発生したことも関係するでしょう。

ネット上では
「こんなときまで出勤するとか、マジ社畜」
みたいな意見も多く見かけました。
電車が動かないなら車で、と考えた方には
「緊急車両の邪魔になる!」と厳しい指摘。

(とは言え、会社の状態だって気になるし、
お客様が待っているかもしれないし、
その日、働いていた(働こうとした)人たちを
一概に責めることはできないはず。
少なくとも、その人の仕事のことを知らない人は)

そして、更に西日本を襲った水害。

両親のルーツも福岡や岡山、
大阪で生まれ育った私のご縁のある人たちは
圧倒的に西日本に多いのです。

今回も親類や友人の心配で
心休まる暇はありませんでした。

3.11は“TVでは日本中大変、みたいに見えるけど
やっぱり遠くの出来事”だったのに対し、
地震は震源から10㎞ほどしか離れておらず、
雨の降り始めは隣の市で河川氾濫の恐れがあったので
エリアメールが鳴り続けていて、
「あ、今度はこっちが“被災者”なんだ」と思いました。

幸い、家族、親族、友人やその家族の誰も、
怪我もなく“被災”というほどではありませんでした。

ただ、土、日の仕事がお客様の安全を考えて
キャンセルになったりして、
色々と考える時間がありました。

そして、強く思ったこと。
『今までのやり方じゃ、ダメだ』

今、一部で言われているのが、避難所。
プライバシーも守れない、犯罪も起きかねないような
体育館というのは、国際基準を満たしていないらしい。

過酷な避難環境も自己責任と根性で堪え忍ぶ、なんて
今の時代にはそぐわないのに。

昭和生まれにしてみれば“甘っちょろい”ことも
多々ある今の世の中だけど、
時代とともに変わっていくものは仕方ない。

そして、人の考えを大きく変えるきっかけになるのは
大きな災害。

それこそ3.11以前なら、地震が収まってすぐに
出社するのは普通のこと、
責められたり蔑まれたりはしなかったのでは?

冒頭の大阪地震での交通マヒ。
そもそも皆が同じ時間に同じ場所を目指すから
混乱が大きくなると思うのです。

リモートワークを取り入れるとか、
出勤不要の社外フリーランスを活用するとか、
今までより発達した通信技術等で、
実現しやすくなってきたのではないでしょうか。

サッカーW杯の解説で
「体格の違うヨーロッパを真似るんじゃなくて
日本人に合った日本のサッカーをすればいい」と
言った方がいました。

どうしたって天災の多い風土に合った働き方、
時代にそぐわなくなった古い考えに固執しない、など
無理のない生き方がこれから、大事になる気がします。

…まだまだ詳しく述べたいこととかもあるけど、
長くなるばかりなので、今日はここまで!



スポンサーサイト

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

10:45  |  しあわせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bijinkenkyu.blog40.fc2.com/tb.php/242-bb40d145

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |