FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

やわらか戦車の仲間かも?

2014.11.21 (Fri)

皆さま、こちらをご存知でしょうか。

やわらか戦車

『やわらか戦車』(やわらかせんしゃ)とはラレコ制作のAdobe Flashによるアニメである。またはその作品で登場するキャラクター。

Wikipediaより。


(兵器のくせに3日に一度は
子猫にさらわれるのです

なかなかシュールなギャグアニメです。

個人的には大好きです(笑)

何で好きかを考えた結果
「仲間意識を覚えるから」という
答えに行き着きました。

♪やわらか戦車の心はひとつ
生きのびたい 生きのびたい
胸にきざむは退却ダマシイ
生まれて このかた あとずさり…

オープニングテーマがコレですよ。

コレに共感しまくりの
ヘタレな私…

実は自分ではあんまり
気づいてなかったのです。

見ないようにしてたというか。

最近、色々上手くいかないことがあり
「何で?!」って考えた結果。

生きていこう、じゃなく
生き延びたい。

他の人と仲良くなりたい、じゃなく
嫌われたくない。

ネガティブな思いから発してる言葉が
心の根底にずっとあるような。

どんどん前に行こうと
アクセル踏んでるように見えて

その陰で思いっきり
ブレーキ踏んじゃうのが
こういう言葉たち。

そういう癖があるのだ、と
認めるのが、流行りの「ありのまま」?

その奥にそれを引き起こす原因が
あるなら、その原因が解決した状態が
ほんとのありのまま、じゃないの?

…なんてことを、最近は考えてます。

で、そのネガティブさ=私、
100%ポジティブじゃない私は
100%ネガティブ、

他の人はこんなこと考えない、
だからこんな惨めな思いは
していないに違いない、

なのにそんなネガティブなことを
考えてしまう私はダメ人間…、

という

歪んだ自分と他人に対する認識。

きっと、誰でも皆
いいとこも悪いとこもある
良いときも悪いときも。

いつも明るく素敵なひとも
私の知らないところで
駄目な自分に嫌気がさすことも
あるかもしれない。

私と同じように。

それを腑に落として
歪んだ認識を少しでも正せれば
生き延びる、じゃなく
「生きる」のが随分楽になる気がする。

やわらかい切り口から
えらく重く堅い話になっちゃいますが。

「こんなこと考えてるの
私だけじゃなかった~(>_<)」と

思うかたがいるんじゃないかなー、と
思ったので、ちょっと書いてみました。

あ、やわらか戦車はもともと
生き延びたいヤツで

自己一致してるから、
案外大丈夫なんだと思います。

よく「ふぃ~(>_<)」って
泣いてるけど

そしてその泣き真似が
最近のマイブームです(笑)

公式サイトの更新は2011年で終了して
いますが、全話YouTubeで観られます!

やわらか戦車 第1話









19:53  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大人と子供の垣根

2014.01.21 (Tue)

ここ数日、とっても気になったニュース。

日テレのドラマ「明日、ママがいない」の
是非を巡るあれこれ。

確かにあのドラマを観て
傷つくひとはいるかもしれない。

でも、テレビって強制じゃないし
傷つくなら観なけりゃすむ話。

問題は、ドラマを観た子供が
養護施設の子供たちに、

心ない言葉を投げつけたり
いじめにつながる、という部分。

結論から言いましょう。

ドラマと現実は違う
人が傷つく言葉を投げてはいけない

そんな判断ができない子供に
観せなければすむことですよね。

ドラマの放送時間は夜10時。

昔の子供はすっかり眠ってた時間。

昔と今は違う。
録画やネットでも観られる。

確かにそうでしょう。

でも、観ない、観せないことは
できますね。

これが7時、8時の放送なら
テレビ局の落ち度。

この放送時間のドラマを
子供に観せて、問題が起きたら

それは観せた保護者の落ち度。

私自身、子供の頃
学習まんがで知った

「若きウェルテルの悩み」を
読みたいと言ったところ

母と担任の先生に
「今はもっと子供しか
読めないものを読んで
大人になってから読みなさい」
と言われ、

「ケッ(-_-#)」と思ったものです

仕方ないから大人しく
「大どろぼうホッツェンプロッツ」
などを読んでおりました

そうやって我慢した分
短大の頃「若きウェルテルの悩み」を

読んだときの満足感が
増したのだと思います。

最近、電車や飛行機での
子供の迷惑が話題になりますが。

公共とは言えど、
通勤時間帯の電車
飛行機(特にビジネスクラスなど)は

大人の場所だと、私は思います。

子供にとっても、身体に負担が
かかるし。

余程やむを得ない場合でなければ
避けてあげるのが親心じゃ
ないでしょうか?

それでも、どうしようもない事情の
お子さんが車内、機内で騒いだ場合。

ハズレ引いたけど、そんな日もある。

と、諦めるしかないですね

時々、カフェやレストランで騒いでいる
お子さんがいらっしゃいますが。

ファミレスで練習して、
飲み食いする場所で暴れちゃイカン!と

怒られて学んでから
来ていただきたいものです。

昔、親子連れの多いランチビュッフェで
ウェイターさんに叱られ諭された

私はそう思います(  ̄▽ ̄)

(ファミレスなら、諦めます…)

急いで大人と同じようにしなくても、
子供にしか見えない、味わえないものが
あるからね。

今、「ホッツェンプロッツ」を読んだら
どう感じるんだろう…

馬鹿馬鹿しいけど、ノスタルジーが
プラスされて、ほっこりするかもね

大どろぼうホッツェンプロッツ
13:25  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

しあわせを怖れる

2013.12.06 (Fri)

えー、そろそろお気づきの方も
いらっしゃるでしょうが、このblog

「どうすれば美人になるか」だけでなく
「どうすれば幸せになるか」も
研究してしまっております。

幸せな気持ちでいれば
自然に綺麗に見える。

そんな「しあわせ美人」を
目指しているわけですが。

幸せになるって、難しいよねぇ!

今、幸せに生きている方には
「難しく考えるからだよ(*´∀`)♪」と
言われちゃうんでしょうね…

現在の私は“結婚準備中”という
大抵の方には羨ましがられるくらい
幸せなシチュエーションにあります。

それなのに何故、二次会打合せ後の
居酒屋のテーブルで大泣きするか

「恵まれ過ぎてて、怖い」のです。

以前も書いたように左脳派、
理論で考える私。

しかも心理学を学んでいるので
それが「イラショナル・ビリーフ」で
あることは、わかっているのです。

「イラショナル・ビリーフ」
簡単に言えば、「間違った思い込み」。

私は幼少期、先生や大人に
えこひいきされてきたと思います。

そうすると、クラスメイトなど
子供の間では、おもしろいはずがない。

残念ながら、それを凌駕するほど
善人でなかったため、
色々、ツラいこともありました

もしかしたら、それ以外にも
間違った思い込みを持つ
原因はあるかもしれませんが。

「自分だけ褒められたり、
良い思いをしたら、嫌われる」と

人によくしてもらうことを
怖れる気持ちがあるようです。

…って、他人事みたいですね。
完全に分析。

でもね。

やっぱり幸せになりたい。
にんげんだもの(笑)。

なので、この「間違った思い込み」、
どうにか外していきたいと思います。

相手が喜んでくれれば嬉しい。

そんなこともありますよね。

何かをしてもらったら、素直に喜ぶ。

今は「何かお返ししないと!」と
焦ってしまいますが、
(自分が得したままだと、
その分、悪いことが起こる、てね)

それが相手の幸せで、それだけで、
イーブンなのかもしれない。

今、自分にできそうなのは
それくらいかなぁ。

例えば、誰かが作ったくれた料理を
おいしく頂く、とか。

(@ ̄□ ̄@;)!!

居酒屋のテーブルで泣き出したせいで、
お皿の上に小籠包、残してきた!!

美味しく食べてあげられなくて
ごめんね、小籠包…

↑こういう細かいことに
いつまでも捕らわれるのも

「イラショナル・ビリーフ」が
関わってるのでしょうか( ̄▽ ̄;)
17:23  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

左の脳が痛いんだ(・_;)

2013.10.15 (Tue)

昨日、ふとしたきっかけで
自分の考え方のクセが見えました。

結構な、衝撃でした。
「しあわせ」をテーマにしてるのに
こんなことじゃ、しあわせは遠いなぁ、と。

どんなクセかというと
他の人に何かをするときに

「私ならこうして欲しい」じゃなく
「こうして欲しくない」が
基準になっている、ということ。

「こうして欲しくない」ことをしない、
とは意識しているけど、

「こうして欲しい」ことを
誰かにしてあげることができない。

何故でしょう?

「私がこれやったの、嬉しくなかった?
 迷惑だった?」と訊かれてしまい

本当に困ってしまいました(>_<)ヽ

それは本当に職場の人の中では
自然に皆がしている
小さな親切だったんですが。

…迷惑ではないけど、嬉しくもない。
自分のことは自分でするので、大丈夫、
申し訳ないし、気を遣います…

というのが、本心でした。

この辺りで、「わかるわぁ」と
言ってくれる方もきっと、
いらっしゃると思います。

なんなんでしょうね、これ。

小さな親切を素直に受け取れないって。

こういうのって、一見謙虚に見えて
実は失礼なのかも。

そして、皆が普通にやり取りしている親切を
同じようにやり取りすることができませんよね。

人づきあいが難しいなぁ、と思う原因
こういうところかもしれません。

まずは自分の「嬉しい」に素直になること。

誰かに優しくするときに
何をすれば嬉しいか、喜ばれるか
私は理論的に、左脳で考えています、多分。

でも、自分が「嬉しい」という感情を
しっかり感じていないと、

推理や憶測に過ぎないし、
想像には限界があります。

誰かをしあわせにしたいなら、
まずは自分がしあわせになること。

よく言われるのは、そんな意味なのかな、と、
左の脳で考えてます(^_^;)

きっと、たくさんいる
左脳派の仲間の皆様、いかがですか?

想像の限界まで理論で挑んで
脳みそ痛くなっちゃう生活
辛くないですか?

私はツラいです(T_T)
「嬉しい」や「しあわせ」を素直に感じて
周りにも自然に小さな親切ができるようになりたいです。

慣れるまでは素直になることが
キツい作業かもしれないけど

膿を出すために切開治療する、
くらいの気持ちで、頑張ります。

頑張って素直、って、
何かヘンですけどね(^。^;)
10:49  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

10秒掃除で、人生は変わるか?!

2013.04.20 (Sat)

久しぶりの更新です

相変わらず、なんやかやと
忙しくしております。

メイクレッスンやセミナー、
イベントの打合せなどもありつつ、
1泊ですが旅にも行きました。

今回、その旅行記を書くつもりでしたが。

もしかしたら、これすると、人生変わるかも!
と、思ったことを、先にご紹介します

それは何と、「10秒掃除」。

10分、じゃなくて、たった10秒。

これなら、お片付けの苦手な私にもできそう

大掛かりな掃除とかじゃなく、10秒でできる、
例えば「パジャマをたたむ」とか、
簡単なことを習慣づけるのです。

少しずつ片付いていくお部屋を見ていると、
どんどんキレイにしたくなる。

そのスパイラルを無理なく維持するには、
10秒程度の短時間がポイントらしいです。

確かに、1日10秒で成果は見えにくいけど、
ある日ふと、すっきりしたお部屋が見えます。

そうすると、もっと片付けてスッキリした~い!
という願望も出てきて、好循環が起きる…

今まで「片付けで人生変わる」とか言われても
それだけで?…と思っていましたが。

確かに、日々少しずつ変わっていく
お部屋を見てると、他のことも変わりそうな
予感がしてきます

例えば、お片付けが苦手なひとは、
物を棄てられなかったりしますが、

10秒で判断するためには、
使うか使わないか、というシンプルな
選択になるしかありません。

それも、直感的な判断で。

そのクセがつけば、人生の悩みも
減るかもね。

変わりたい、変わらなきゃ、と思っても
何から始めるかって、難しいですよね

とりあえず、目の前を少しキレイにして、
頭の中もスッキリさせるのはどうでしょう?

1日10秒なら、無理なく続けられるでしょ?

これは新聞で見たやり方だけど、
考えた人は、本当にすごいと思います

キレイなお部屋になる日が、楽しみだ
00:58  |  ココロ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT